フォトアルバム
Powered by Six Apart

アクセス

  • twitter
  • マップ
    無料アクセス解析
  • ◆アクセス◆

お出かけ・旅 Feed

2016年3月 9日 (水)

壊れた灯籠の修理から見えてくる修理のヒント

3

面白い修理が入った。電話がかかり父親が大事にしていた灯籠を直してくれないか、、と。内容を聞くと時間をかけると直せるようで直せないかもしれない困った修理内容だった。こちらが断ると多分どこも見つからないだろうと思い、結局最後はいいですよと返事した。指定した日に修理品の灯籠を持ってこられ見るとほとんど割れていて大きなパーツが残ってない。「残っている部分だけ直しますが、、、どうもこの灯籠以前直してますね!。以前の直し見ていると30年か、、40年前だと思いますが、、、」と言うと  「そうなんです!。親父が大事にしていたものを庭やが壊してしまいその時のような気がします、、」 やっぱり!その頃の修理だったか、、

さて直そうかと思いアルコールで汚れを拭くと強烈な臭がして咳き込んであわててしまった。これはかなわないかと何日か外に出しておくと匂いもおさまった。以前の補修部分を外して残っていたパーツをくっつけて数日かけて仕上げた。最後に仕上がったのを確認して強度のこともありない部分を再び足して仕上げた。

12月に入って連絡して引取にきてもらった。ところが「ついでで申し訳ないのですが全くない部分もこのさい修理してもらえませんか、、」これには困ってしまった。できるといえばできる内容なんだが残っていたパーツを取り付けてしまっているためそう簡単に直すことができない。下の部分を切断するか、現状から修理するかいますぐには結論でないのだがどうにかなるかと預かった。

正月は細かな仕事からスタートし1月中頃から灯籠の修理をはじめた。3つほど修理のやり方がある中でどれもできると思えたが、何日かたつと自然と考えが煮詰まってこれしかないかと思う手順だけがのこるのだが今回どうしても考えが煮詰まらない。最後はヤケ気味で現状の状態を崩さずそこに加えていく修理方法にした。補修材の関係で10分以内に修理箇所を仕上げてしまわないと表面の加工できないが少しずつ見ながら進めえることが利点だった。修理の進め方もそうだったがもう一つ不安だったことは補修剤の量が全く読めなかった。補修剤はそんなこともあってついつい買いすぎてしまう。

修理を始めると材のことでも1時間おきに考え方が変わってきて、ネットを使えば明日には確実に手に入ると思われることでも夕方から出かけることがよくある。今回灯籠の修理の手順はすぐに気がついたが表面の素材を探すのに一番苦労した。預かった灯籠が古いもので洗うと雰囲気こわすため産地の土か調べるの苦労した。材料店を数件周りよく似た製品を見つけ出しそうすると信楽土が一番近いことがわかった。あとは使いやすそうなよく似た粒子の製品を買ってもどった。

今回のように難しい修理はどのようにするかといえば、考え方としては手順なりイメージを紙に書いてしまうとそれが基準になってしまうため、気持ちが固まるまですべてが同じような比重で考えることにしている。そのほうが気がつくことが多い。ミスした時のことを考えると今回ほどイメージトレーニングしたことは初めてだった。修理の決め手は手順、素材がどこまで揃えるられるかで決まる。

今回のように特殊な直しのように思いがちですが、やってることは金継ぎ修理とほとんど変わらない。教えている講座で接合の基本の話しを100分きき、その後の金継ぎ修理の実践で習った素材と道具を置き換えるだけで金継ぎ修理の応用でこんなことができるようになる。

修理の極意。だったらどのようにしたらこんな修理ができるようになるかといえば、すぐ直すのではなく、修理品を前にしてどのよう直すのか、2,3日考える事が重要です。そうすると時間の経過でやりたい手順、工法が最後に残りそれが勇気と自信にかわりそのことが後押ししてくれます。どんな修理でも一つ修理をすると次に繋がるヒントが得らそれが次の修理の極意につながります。

 

2016年1月15日 (金)

2016「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展6+山中俊彦木象嵌作品展  奈良 五風舎


YouTube: 「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2016



Sp_20160113_103634_hdr

金継ぎ修理展も6年目になりました。会期を金継ぎ修理展と木象嵌作品展の2つに分けて展示することになりました。金継ぎ修理の仕事も「金継ぎ一年生」をベースに修理から楽しむ金継ぎに変わってきてきました。

「金継ぎ修理の巧みたち展6」+山中俊彦木象嵌作品展  奈良

出品者(三代小百合・山中俊彦・富和万紀子・土手礼華・立石さちよ・青山由起子・内田郁子・武藤文香)

奈良 五風舎 奈良市水門町45 0742-22-5514

MAP https://goo.gl/maps/ATJ5kUzGbzr

◆4月28日ー5月5日 am11ーpm5:30  

◆詳細は 0742-22-1926  

    左上のウエブページからメールで

2015年5月 4日 (月)

金継ぎ一年生「金継ぎ修理の巧みたち展」5 動画 4/30~5/6 奈良 五風舎 

Sp_20150430_163616


YouTube: 「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2015 zoom in




YouTube: 「金継ぎ一年生」金継ぎ修理の巧みたち展 2015 zoom out



2015年4月 3日 (金)

「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展5  奈良 五風舎

Sdsc00059

Sdsc00046金継ぎ修理の巧みたち展5  奈良

土手礼華(大阪府) 青山由起子(京都府) 立石さちよ(生駒市) 武藤文香(東京都)

内田郁子(豊中市) 山中俊彦(奈良市) 宮浦由美(大阪市) 三代小百合(神戸市)

土屋宇由(東京都) 山根有美子(神戸市)

4月30日~5月6日  AM11~PM5:30 最終日4:00

場所 奈良 五風舎

奈良市水門町45 0742-22-5514(会期中連絡のみ)

展覧会お問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

案内状御希望の方はウエブページのメールアドレスで、ご希望枚数、送り先お知らせください。おおくりします。

2014年10月12日 (日)

金継ぎ修理 「金継ぎ修理の現在」 鎌倉展  10/9~/13 ~金継ぎ一年生~

2年前に「金継ぎ一年生」を出版した頃は、少し世間で金継ぎ修理という壊れた器を直す技術があるよ、、というくらいでいくつかの本が金継ぎ修理を紹介してはいたんですが伝統技法による従来の修理方法がまだまだ中心で漆の扱い方も難しくかぶれる危険性と何年と時間のかかる修理技法が幅を占めた状況でした。マスメディアも新聞、雑誌、ニュースで紹介するもののちょっとした話題話しくらいでした。

1年かかりでいままでにない器の金継ぎ修理を出版するために先ずおこなったのは今回「金継ぎ修理の現在」展の会場になっているところで震災の年の6月に編集者に1日講座に立ち会ってもらいその時感じたこと、疑問に思ったことそれらのことを大切に一冊の本にまとめる作業に。

震災で思い出が残る壊れた器をふたたび蘇らす事ができないかということが金継ぎ修理の課題でした。従来の手法は骨董品の修理によく見られる修理方法で朝昼晩と使うものに向いている修理方法ではなかった。祝い事、来客、たまに使う、といったものにはいいのかもしれないが、コストをかけない普段使いのなんでもないモノが壊れた時に、突然どちらかと言うと一番落ち込んでしまう。お高い直しをするのではなくお金をかけないで食に対して一番安心できる漆で修理ができないかが原点でした。

金継ぎ修理の講座を始めて骨董品の修理で習いに来られるかとおもいきやほとんど普段使いの食器類の修理でした。これにはいろんな意味でこちらの講座が一番向いている結果になりました。

持ってこられるほとんどの修理の器は陶器ではなくマグカップのような磁器、これには漆屋もお手上げで、なぜなら磁器には漆はくっつかない。だったらどうして直すかといえば石の粉は粘りが無くくっつかないため土粉をたしてそれに漆、、、使って始めて当初はいいが全く硬さも素材も違うためポロリととれてしまう。桃山期までの器類なら従来方法が一番だとおもう。

漆はどれくらい使えるかと漠然と考えていた時に40年前に大阪ようびで買われた朱塗りの椀の修理がきた。椀底には時の証か亀裂が多数入り剥離はしていなかったがもう使い続けるには難しい状態だった。聞けば朝昼晩と使ってたらしく、もう10年速く修理に持っていて頂いてたら、、、。もう何年しか生きてませんからと言われ新しく塗り直すわけにもいかず修理となると再度使えるために同色を造り摺りこんで仕上げるようにした。そのことがあって普段使いの漆の限界を知ることになった。

特殊なものでなくコストのかからない安心で安全なうつわの修理が求められているのは明白なんだが提案する人がすくない。特殊な技法かのように思われれがちで、たとえば憧れていた料理づくりだったり普段の台所の掃除に近い感覚で修理に取り組んでいいのでは、無いから普段使いの食器を買う、普段使いの食器が壊れたから直すこれでいい。

最近の金継ぎ修理の現状は今開催中の「金継ぎ修理の現在」鎌倉展 小町 ゼルコバギャラリー で気軽に手にとってみられます。普段使いを中心に金継ぎ修理している展示内容になっています。

金継ぎ修理の現在  鎌倉展    「金継ぎ一年生」から

壊れたもうつわにふたたびいのちを吹き込む金継ぎ修理、思い出があったり大切なモノだったり、修理から始まった金継ぎもより生活を楽しむうつわ修理にかわってきました。

今回の企画は「金継ぎ一年生」をテキストに安全であんしんできる直し方を実践している方たちが各地から出品してくれました。日常からスタートした金継ぎ修理・うるしの可能性をさぐるてんらんかいです。

出品者

新栄薫 左座幸路 青山由起子 三代小百合

境山由紀 内田郁子 山根由美子 宮浦由美

立石さちよ

◆10月9日(水)~13日(月祝)午前11時~午後5時30分 初日午後1時 最終日午後4時

◆鎌倉小町 2-6-41 101ゼルコバギャラリー  TEL 0467-73-8887 ゼルコバギャラリー

◆会期中 渋谷・鎌倉で金継ぎ講座が有ります。

◆展覧会案内状御希望の方は このブログのウェブページよりメールにて

◆問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

Simg_20141009_151017

Simg_20141009_151147

Simg_20141009_151316

Simg_20141009_151520

2014年9月17日 (水)

金継ぎ修理 雑記Ⅱ twitpicから

Cmvm2c明後日からの金継ぎ展の修理作困った、、2月から修理依頼の預かり物仕上がり具合がいい、これだすか、、。

Cmvjjx神戸から修理で送られてきた真っ赤なガラスのペンダントやっと仕上がった。ふたたびに使えるアクセサリー。

Ao7vba今発売している「クロワッサン」田原あゆみさんのコラム「美しき日本の手技 継ぐ仕事」に金継ぎ先の紹介と「金継ぎ一年生」文化出版局刊を紹介して頂きました。

Ao7ywtクロワッサンで紹介された田原あゆみさんの継ぐ仕事で紹介された銀継ぎ修理の写真、直しがポットに良く合ってすてきだ。

Ao7x28最近、鉄瓶の中面の錆修理が結構舞い込んでくる。先日も北海道から送ってきた修理品の鉄瓶にメッセージがついていた。そんな嬉しいメッセージ1年間に何度か出会う。

9wh1vi金継ぎ修理依頼で預かった小皿、錫で仕上げたが、金でも、銀でも漆でもいいかも「どんな直しでもいいです!」が一番悩む。

7be10yやっと思い通りの修理ができた!完璧

32drx7昨日はロンドンから金継ぎを習いたいと詳細をPCで話していると茨城県から電話で申し込み、展覧会会場で大阪と神戸の方が申し込まれた。重なる時はこんなことがおこる。

金継ぎ修理の巧みたち展Ⅲ 2013 奈良 五風舎  twitpicから

Cn7l62本日から「金継ぎ修理のたくみたち展3」が奈良 五風舎で始まります。金継ぎ修理を学んだ方が漆の魅力に魅せられてたくさんの拭き漆作品を持ち込んでくれた。早速何点か買いたくなった。 10時30分OPEN

Cn7m6u「金継ぎ修理のたくみたち展3」、昨日展示準備でこの会場構成おもしろい!と楽しみな一角が出来上がった。会場の構成と運営を頼んでよかった、。

Cn7n9v金継ぎ修理のたくみたち展3」でひょっとして金継ぎ修理の作品が少ないかと思い、頼んだ手持ちの旧作を見てあらためて金継ぎ修理の向こうが見えた。感謝。

Cnhbgx素敵なグラスの金継ぎ修理が出品された。今日は東大寺の聖武祭です。お帰りに水門の五風舎の展覧会お立ち寄りください。「金継ぎ修理のたくみたち展3」6日まで

Cnhcfsこのガラスの金継ぎ修理の旨さに参ってしまった。個人蔵のものをお借りしての出品。「金継ぎ修理のたくみたち展3」奈良・五風舎6日まで

Cnhdy7昨日からスタートした金継ぎ修理の展覧会。お好みの金継ぎ修理したお茶碗でお抹茶がいただけることになった。菓子付き400円 一度体験してみるのもいい機会です。ぜひご覧ください。明日は東大寺で裏千家による献茶式。ぜひお立ち寄りください。「金継ぎ修理のたくみたち展3」 6日まで 奈良水門町・五風舎

Cnhfsm修理済みで連絡まだのものを展示してしまった。明日京都に金継ぎで世話になった編集者がいくとか、、いいのが並んでいるかられんらくしておこうか、、生駒さんの盆藤展も明日まで、「金継ぎ修理のたくみたち展3」6日まで

金継ぎ修理の現在 鎌倉展  10/9~/13     ー「金継ぎ一年生」から 

Sfoodpic5372264

金継ぎ修理の現在  鎌倉展    「金継ぎ一年生」から

壊れたもうつわにふたたびいのちを吹き込む金継ぎ修理、思い出があったり大切なモノだったり、修理から始まった金継ぎもより生活を楽しむうつわ修理にかわってきました。

今回の企画は「金継ぎ一年生」をテキストに安全であんしんできる直し方を実践している方たちが各地から出品してくれました。日常からスタートした金継ぎ修理・うるしの可能性をさぐるてんらんかいです。

出品者

新栄薫 左座幸路 青山由起子 三代小百合

境山由紀 内田郁子 山根由美子 宮浦由美

立石さちよ

◆10月9日(水)~13日(月祝)午前11時~午後5時30分 初日午後1時 最終日午後4時

◆鎌倉小町 2-6-41 101ゼルコバギャラリー  TEL 0467-73-8887 ゼルコバギャラリー

◆会期中 渋谷・鎌倉で金継ぎ講座が有ります。

◆展覧会案内状御希望の方は このブログのウェブページよりメールにて

◆問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

会期在中  9日 10日 12日 13日 午後予定

2014年8月19日 (火)

◆「金継ぎ一年生」渋谷・鎌倉11月22日23日金継ぎ講座・拭漆講座 募集のお知らせ

Sdscn5805

   new    11月22日(土)「金継ぎ一年生」渋谷金継ぎ拭漆講座 場所 渋谷/文化ファッションインキュベーション10Fスペース6 http://goo.gl/xyIC6 募集中!

   new    11月23日(日)「金継ぎ一年生」鎌倉金継ぎ拭漆講座 12名場所 鎌倉生涯学習午前第1集会室・午後第2集会室 募集中!

詳細はウエブページからメールにてお問い合わせください。初めての方は詳細の説明が30分ほどかかります。

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」

2014年6月18日 (水)

◆「金継ぎ一年生」渋谷・鎌倉7月19日20日金継ぎ講座・拭漆講座 募集のお知らせ

Sdscn5696

7月19日20日渋谷・鎌倉金継ぎ講座 拭漆講座        

今年4回目の講座になります 次回は秋までありません

◆渋谷金継ぎ・拭き漆金継ぎ講座のおしらせ 募集中

7月19日(土)場所渋谷区文化総合センター大和田午前9時~午後6時 募集人数14名まで

◆鎌倉金継ぎ・拭き漆金継ぎ講座のおしらせ 募集中

7月20日(日)場所 鎌倉生涯学習センター午前第午後第2集会室午前9時~午後6時過ぎ  募集人数12名まで

詳細はウエブページからメールにてお問い合わせください。初めての方は詳細の説明が30分ほどかかります。
Sbooks
文化出版局刊「金継ぎ一年生」
「金継ぎ一年生」金継修理の巧みたち展 2011 其の一
「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2011 其の二
「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2012 其の一
「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2012 其の二
「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2013 
「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2014 其の一
「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2014 其の二