フォトアルバム
Powered by Six Apart

アクセス

  • twitter
  • マップ
    無料アクセス解析
  • ◆アクセス◆

マニアック Feed

2016年9月 7日 (水)

12月3日渋谷金継ぎ講座 募集中

Sfoodpic525528画像の整理をしていたら懐かしい画像が見つかった。2010年の金継ぎ講座に来られた時に撮ったのと2012年金継ぎ一年生を出版するときに借りたカップだった。

最近出版された金継ぎの本を見る機会があってこちらが出版して4年相当内容が変わっていrつだろうと興味津々で最初から最後までゆっくりチエックしてみた。

全体の印象は100人興味があってこの本を手にしたらやる気に何人なるだろうと思った。ページが進むに連れ専門分野の用語と技法展開の繰り返しに突入で気軽に壊れたうつわ直せないないかなあ、、と思っていたことが壁にぶち当たって、うつわ直したかったら専門分野を理解しなさいと言われてるようでハードルが高く感じる。感じたままのメモ書きを載せておきます。

P19 漆には水分が含まれているためその水分が抜ける時間が書かれてない。体質的に漆に弱い場合かぶれる場合が出てきます。 

P23技術の説明から書かれてるため気軽に金継ぎ修理を始めたいと思う人には専門用語が出てくるためハードルが高く感じる。

P24このくらいページが進むと金継ぎ修理を始めるのに何を買ったらいいのか不安になってきます。

P24茶渋を漂白剤で洗うと書かれてるがもっと安全で良い方法がある。漆を扱う人としていただけない話だ。

P25漆を薄めるため灯油と書かれてるが都内でどれくらい使ってるところがあるだろうと、、

P29漆のかぶれない適切な指導が全く書かれてない。皮膚科に駆け込めも、「かぶれてしまった時は浄化していると思い痒さと向き合ってみるのもよいかもしれません」と書かれていてバカにしている話。

P30ここくらいにくると指導者がいないと前に進めない本だと気づく。全工程30日間ほど簡単に手が出せない高いハードル。

P60このページにくるころには技法が複雑内容で頭に入ってこない。

P93素手で錆漆を成形していると漆に完全に被れます。

P99樂焼きの割れの部分の漆のにじみにはもっといい方法がある。勉強不足です。

P124漆の注意書きが書かれていて+「金継ぎした焼き物の取り扱いは基本漆器と同じ扱いで、」と書かれている。金継ぎ修理したマグカップは漆器なんだろうか。壊れる前と同じ扱いで使えないと意味が無い。

P125漆で金継ぎ修理したモノの強度は全く書かれてない。

気軽に金継ぎ修理ができないかがキーワードでなければ金継ぎ修理は広まらないでしょう。漆でなければダメだと思われがちですが今年初め文化庁か文化財の劣化のところで「自然素材は一般に合成樹脂と比べて接着力が弱い上、膠などは薄い茶色の色がつくといった短所もある。」自然素材の開発が急がれると発表した。金継ぎ修理を考える上で元の強度のための接合と、食に安全なための保護膜、二弾構造で考える方法が今の時代一番あっています。残るはかぶれることなく安全に漆は使えるやり方の工夫です。漆の安全な取り扱いが書かれてない本は指導書ではないので信用しないほうがいい。

渋谷金継ぎ・拭漆講座 募集中 残席13名

12月3日(土)朝9時から(金継ぎ講座復習2名 高木・立石)

  

 場所 渋谷/文化ファッションインキュベーション10Fスペース6 募集中!詳細はウエブページからメールにてお問い合わせください。9月30日現在

◆拭漆補講座もOKになりました。お申し込みください。

初めての方は直せるもの、持ってくるもの、材料、講座料金等の説明が電話かスカイプで30分ほどかかります。説明後参加申し込みください。講座当日に参加費お支払いください。

「金継ぎ一年生」3刷りになりました。アマゾンでは金継ぎ修理の解説書では一番良く読まれている本です。図書館にもあるようですがお近くの本屋でない方は必要な場合講座当日販売い致しますのでメールにてお申込みください。

講座内容は基本変わっていませんがメモしたくなるテクニックがたくさん増えてきました。

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」 現在3刷り発刊中

2016年6月 2日 (木)

「金継ぎ一年生」をテキストに金継ぎ修理を実践している方に、

Sp_20160518_102016「金継ぎ一年生」が出版されて4年目に入り現在は3刷目。出版されて内容に大きな変更はないのですが現在も講座では材料だったり、もっと簡単な方法がないかと日々実践を繰り返しています。 

昨日久しぶりに出張の金継ぎ講座を京都でやってきました。今までの金継ぎ講座と違っていたのは本をテキストに金継ぎ修理を実践しておられた方でした。拝見すると材料道具は足りていたり足らなかったりでした。

朝の講義が終わり午後から実践を始め以前自分で修理した器をみながら修理の手順などをやり取りしながら話し進めていくと、初めて習うよりは自分なりに修理をスタートするのもアリかもしれないと思いました。どのように修理を進めていくのか本には書いてあるのですが実際本に取れあげられている器とご自身が直したい器と違うため参考になったり参考にならなかったりするのではないでしょうか。修理を行う基本は変わらないのですが仕上がるまでの流れを理解するのにすこし時間がかかるかもわかりません。後ほど注意ポイントを上げておきますので参考にしてください。

金継ぎ修理の技術的なこともそうですが本に書いてない注意点を上げておきます。

●初めて金継ぎを始めるとその日に完成しようとする方がほとんどでやりたいモードになっているようです。「上手く綺麗に」仕上げるためにはいそがないで無理しないことが一番です。だったらどのようにしたらいいのかといえば、いくらかうまく仕上がるやり方があります。
金粉を蒔くために漆で描いていくのですが器類の割れ、欠けの数を直す場合、直すものが5個あったら最初の1個目と最後の5個目では施した漆の乾きが違ってきて金の光がバラバラになります。短時間に描ききるならいいのですが始めたばかりでは無理なことです。上手くやるには直す数を減らすことです。それでも施した金色にばらつきが出るのなら1個に絞ることです。思った輝きにならない場合は5分+-で調整します。金色と書きましたが銀、錫も同じことです。

つぎに数の話をしましたがもう一つうまく仕上がるやり方があります。テキストの手順通りに仕上げても補修材作業時間OKで次の工程に移るため修理内容によっては補修材硬化の時間のことがあってもう少し時間をおいたほうが良い場合があります。特に鮮やかな金色を望んでいる場合は補修材完全硬化後に器のクリーニング、成形をされたほうが得やすいです。ポイントとしては硬化後の成形ですから始めに補修材の分量も考慮することがより簡単に済みます。補修材をつけすぎないことです。


もうひとつ割れた器の継ぎの時に補修剤を使った場合硬化後アルコールで余分な付着物を取り除くんですがについついアルコールをつけ過ぎでしまいます。アルコールの含んだテッシュかスプレーを軽く吹き付けて根気よく、傷つかない道具で少し柔らかくなった補修剤こそげながら拭き取ることが一番です。ただし最初に書いたようにこの状態で漆、金粉と進んでいくと継いだ部分に漆が埋まらないところが出てきて失敗することがあります。原因はアルコールのつけすぎでせっかくくっつけた接合部分が溶け出したのが原因です。これは補修剤完全硬化の時間待たずに次の手順に進んだためです。完全硬化時間後でしたら全く問題は起こりません。破損箇所の内容によって修理時間を変えるのが一番ミスなしにうまくできるやり方です。

講座の時にも話はするのですが金継ぎやりたいモードになっている時は修理箇所をついつい同じところを触ったり、力が入っていたりします。「同じ所を何度も触らないほうがいいですよ」と言われないと気が付かないことがあります。たとえば金継ぎ修理する時にチューブから漆を出します。せっかく出したからと補修箇所に漆をつけすぎがちになります。その結果漆の表面が縮れたり、輝きがムラになったり失敗することが出てきます。金粉の分量は、補修箇所にくっつく程度でいいのです。そのコツは、漆をチューブから大量に出さないことにつきます。

思いつくままに書きましたがまだまだ上手くやる注意点あります。綺麗な金継ぎ修理が一番いいのではなく使える修理ができてこそです。綺麗な修理ではなく器ににあった雰囲気の金継ぎ修理が再び使いたくなる器です。

2016年3月 9日 (水)

壊れた灯籠の修理から見えてくる修理のヒント

3

面白い修理が入った。電話がかかり父親が大事にしていた灯籠を直してくれないか、、と。内容を聞くと時間をかけると直せるようで直せないかもしれない困った修理内容だった。こちらが断ると多分どこも見つからないだろうと思い、結局最後はいいですよと返事した。指定した日に修理品の灯籠を持ってこられ見るとほとんど割れていて大きなパーツが残ってない。「残っている部分だけ直しますが、、、どうもこの灯籠以前直してますね!。以前の直し見ていると30年か、、40年前だと思いますが、、、」と言うと  「そうなんです!。親父が大事にしていたものを庭やが壊してしまいその時のような気がします、、」 やっぱり!その頃の修理だったか、、

さて直そうかと思いアルコールで汚れを拭くと強烈な臭がして咳き込んであわててしまった。これはかなわないかと何日か外に出しておくと匂いもおさまった。以前の補修部分を外して残っていたパーツをくっつけて数日かけて仕上げた。最後に仕上がったのを確認して強度のこともありない部分を再び足して仕上げた。

12月に入って連絡して引取にきてもらった。ところが「ついでで申し訳ないのですが全くない部分もこのさい修理してもらえませんか、、」これには困ってしまった。できるといえばできる内容なんだが残っていたパーツを取り付けてしまっているためそう簡単に直すことができない。下の部分を切断するか、現状から修理するかいますぐには結論でないのだがどうにかなるかと預かった。

正月は細かな仕事からスタートし1月中頃から灯籠の修理をはじめた。3つほど修理のやり方がある中でどれもできると思えたが、何日かたつと自然と考えが煮詰まってこれしかないかと思う手順だけがのこるのだが今回どうしても考えが煮詰まらない。最後はヤケ気味で現状の状態を崩さずそこに加えていく修理方法にした。補修材の関係で10分以内に修理箇所を仕上げてしまわないと表面の加工できないが少しずつ見ながら進めえることが利点だった。修理の進め方もそうだったがもう一つ不安だったことは補修剤の量が全く読めなかった。補修剤はそんなこともあってついつい買いすぎてしまう。

修理を始めると材のことでも1時間おきに考え方が変わってきて、ネットを使えば明日には確実に手に入ると思われることでも夕方から出かけることがよくある。今回灯籠の修理の手順はすぐに気がついたが表面の素材を探すのに一番苦労した。預かった灯籠が古いもので洗うと雰囲気こわすため産地の土か調べるの苦労した。材料店を数件周りよく似た製品を見つけ出しそうすると信楽土が一番近いことがわかった。あとは使いやすそうなよく似た粒子の製品を買ってもどった。

今回のように難しい修理はどのようにするかといえば、考え方としては手順なりイメージを紙に書いてしまうとそれが基準になってしまうため、気持ちが固まるまですべてが同じような比重で考えることにしている。そのほうが気がつくことが多い。ミスした時のことを考えると今回ほどイメージトレーニングしたことは初めてだった。修理の決め手は手順、素材がどこまで揃えるられるかで決まる。

今回のように特殊な直しのように思いがちですが、やってることは金継ぎ修理とほとんど変わらない。教えている講座で接合の基本の話しを100分きき、その後の金継ぎ修理の実践で習った素材と道具を置き換えるだけで金継ぎ修理の応用でこんなことができるようになる。

修理の極意。だったらどのようにしたらこんな修理ができるようになるかといえば、すぐ直すのではなく、修理品を前にしてどのよう直すのか、2,3日考える事が重要です。そうすると時間の経過でやりたい手順、工法が最後に残りそれが勇気と自信にかわりそのことが後押ししてくれます。どんな修理でも一つ修理をすると次に繋がるヒントが得らそれが次の修理の極意につながります。

 

2016年1月15日 (金)

2016「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展6+山中俊彦木象嵌作品展  奈良 五風舎


YouTube: 「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展 2016



Sp_20160113_103634_hdr

金継ぎ修理展も6年目になりました。会期を金継ぎ修理展と木象嵌作品展の2つに分けて展示することになりました。金継ぎ修理の仕事も「金継ぎ一年生」をベースに修理から楽しむ金継ぎに変わってきてきました。

「金継ぎ修理の巧みたち展6」+山中俊彦木象嵌作品展  奈良

出品者(三代小百合・山中俊彦・富和万紀子・土手礼華・立石さちよ・青山由起子・内田郁子・武藤文香)

奈良 五風舎 奈良市水門町45 0742-22-5514

MAP https://goo.gl/maps/ATJ5kUzGbzr

◆4月28日ー5月5日 am11ーpm5:30  

◆詳細は 0742-22-1926  

    左上のウエブページからメールで

2015年8月24日 (月)

◆「金継ぎ一年生」10月3日(土)渋谷金継ぎ講座のお知らせ 参加者募集中!

S2013428_003

    new     10月3日(土)「金継ぎ一年生」渋谷金継ぎ拭漆講座  9名  (金継ぎ講座 1名 神田 金継ぎ復習5名 望月・川原・長田・小薮・土居) 場所 渋谷/文化ファッションインキュベーション10Fスペース6   

詳細はウエブページからメールにてお問い合わせください。初めての方は直せるもの、持ってくるもの、材料、講座料金等の説明が電話かスカイプで30分ほどかかります。説明後参加申し込みください。講座当日に参加費お支払いください。

「金継ぎ一年生」今月3刷りになりました。アマゾンでは金継ぎ修理の解説書では一番良く読まれている本です。図書館にもあるようですがお近くの本屋でない方は必要な場合講座当日販売い致しますのでメールにてお申込みください。

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」 現在3刷り発刊中

2015年4月 3日 (金)

「金継ぎ一年生」 金継ぎ修理の巧みたち展5  奈良 五風舎

Sdsc00059

Sdsc00046金継ぎ修理の巧みたち展5  奈良

土手礼華(大阪府) 青山由起子(京都府) 立石さちよ(生駒市) 武藤文香(東京都)

内田郁子(豊中市) 山中俊彦(奈良市) 宮浦由美(大阪市) 三代小百合(神戸市)

土屋宇由(東京都) 山根有美子(神戸市)

4月30日~5月6日  AM11~PM5:30 最終日4:00

場所 奈良 五風舎

奈良市水門町45 0742-22-5514(会期中連絡のみ)

展覧会お問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

案内状御希望の方はウエブページのメールアドレスで、ご希望枚数、送り先お知らせください。おおくりします。

2014年10月12日 (日)

金継ぎ修理 「金継ぎ修理の現在」 鎌倉展  10/9~/13 ~金継ぎ一年生~

2年前に「金継ぎ一年生」を出版した頃は、少し世間で金継ぎ修理という壊れた器を直す技術があるよ、、というくらいでいくつかの本が金継ぎ修理を紹介してはいたんですが伝統技法による従来の修理方法がまだまだ中心で漆の扱い方も難しくかぶれる危険性と何年と時間のかかる修理技法が幅を占めた状況でした。マスメディアも新聞、雑誌、ニュースで紹介するもののちょっとした話題話しくらいでした。

1年かかりでいままでにない器の金継ぎ修理を出版するために先ずおこなったのは今回「金継ぎ修理の現在」展の会場になっているところで震災の年の6月に編集者に1日講座に立ち会ってもらいその時感じたこと、疑問に思ったことそれらのことを大切に一冊の本にまとめる作業に。

震災で思い出が残る壊れた器をふたたび蘇らす事ができないかということが金継ぎ修理の課題でした。従来の手法は骨董品の修理によく見られる修理方法で朝昼晩と使うものに向いている修理方法ではなかった。祝い事、来客、たまに使う、といったものにはいいのかもしれないが、コストをかけない普段使いのなんでもないモノが壊れた時に、突然どちらかと言うと一番落ち込んでしまう。お高い直しをするのではなくお金をかけないで食に対して一番安心できる漆で修理ができないかが原点でした。

金継ぎ修理の講座を始めて骨董品の修理で習いに来られるかとおもいきやほとんど普段使いの食器類の修理でした。これにはいろんな意味でこちらの講座が一番向いている結果になりました。

持ってこられるほとんどの修理の器は陶器ではなくマグカップのような磁器、これには漆屋もお手上げで、なぜなら磁器には漆はくっつかない。だったらどうして直すかといえば石の粉は粘りが無くくっつかないため土粉をたしてそれに漆、、、使って始めて当初はいいが全く硬さも素材も違うためポロリととれてしまう。桃山期までの器類なら従来方法が一番だとおもう。

漆はどれくらい使えるかと漠然と考えていた時に40年前に大阪ようびで買われた朱塗りの椀の修理がきた。椀底には時の証か亀裂が多数入り剥離はしていなかったがもう使い続けるには難しい状態だった。聞けば朝昼晩と使ってたらしく、もう10年速く修理に持っていて頂いてたら、、、。もう何年しか生きてませんからと言われ新しく塗り直すわけにもいかず修理となると再度使えるために同色を造り摺りこんで仕上げるようにした。そのことがあって普段使いの漆の限界を知ることになった。

特殊なものでなくコストのかからない安心で安全なうつわの修理が求められているのは明白なんだが提案する人がすくない。特殊な技法かのように思われれがちで、たとえば憧れていた料理づくりだったり普段の台所の掃除に近い感覚で修理に取り組んでいいのでは、無いから普段使いの食器を買う、普段使いの食器が壊れたから直すこれでいい。

最近の金継ぎ修理の現状は今開催中の「金継ぎ修理の現在」鎌倉展 小町 ゼルコバギャラリー で気軽に手にとってみられます。普段使いを中心に金継ぎ修理している展示内容になっています。

金継ぎ修理の現在  鎌倉展    「金継ぎ一年生」から

壊れたもうつわにふたたびいのちを吹き込む金継ぎ修理、思い出があったり大切なモノだったり、修理から始まった金継ぎもより生活を楽しむうつわ修理にかわってきました。

今回の企画は「金継ぎ一年生」をテキストに安全であんしんできる直し方を実践している方たちが各地から出品してくれました。日常からスタートした金継ぎ修理・うるしの可能性をさぐるてんらんかいです。

出品者

新栄薫 左座幸路 青山由起子 三代小百合

境山由紀 内田郁子 山根由美子 宮浦由美

立石さちよ

◆10月9日(水)~13日(月祝)午前11時~午後5時30分 初日午後1時 最終日午後4時

◆鎌倉小町 2-6-41 101ゼルコバギャラリー  TEL 0467-73-8887 ゼルコバギャラリー

◆会期中 渋谷・鎌倉で金継ぎ講座が有ります。

◆展覧会案内状御希望の方は このブログのウェブページよりメールにて

◆問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

Simg_20141009_151017

Simg_20141009_151147

Simg_20141009_151316

Simg_20141009_151520

2014年9月17日 (水)

「金継ぎ一年生」出版記念展① 奈良 五風舎 twitpicから

9h4n02「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4omc「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4p2y「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4pm8「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4rfz「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4sal「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4txv「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

9h4v75「金継ぎ一年生」出版記念展5/7まで 奈良 五風舎 会場連続写真集

金継ぎ修理の巧みたち展Ⅱ② 2012 奈良 五風舎  twitpicから

8pt801金継ぎ修理の巧みたち展2 

8pt8tz金継ぎ修理の巧みたち展2

8pt9v6

8ptdfx

金継ぎ修理の巧みたち展2

8ptfah金継ぎ修理の巧みたち展2

8qcp9u金継ぎ修理の巧みたち展2

金継ぎ修理の現在 鎌倉展  10/9~/13     ー「金継ぎ一年生」から 

Sfoodpic5372264

金継ぎ修理の現在  鎌倉展    「金継ぎ一年生」から

壊れたもうつわにふたたびいのちを吹き込む金継ぎ修理、思い出があったり大切なモノだったり、修理から始まった金継ぎもより生活を楽しむうつわ修理にかわってきました。

今回の企画は「金継ぎ一年生」をテキストに安全であんしんできる直し方を実践している方たちが各地から出品してくれました。日常からスタートした金継ぎ修理・うるしの可能性をさぐるてんらんかいです。

出品者

新栄薫 左座幸路 青山由起子 三代小百合

境山由紀 内田郁子 山根由美子 宮浦由美

立石さちよ

◆10月9日(水)~13日(月祝)午前11時~午後5時30分 初日午後1時 最終日午後4時

◆鎌倉小町 2-6-41 101ゼルコバギャラリー  TEL 0467-73-8887 ゼルコバギャラリー

◆会期中 渋谷・鎌倉で金継ぎ講座が有ります。

◆展覧会案内状御希望の方は このブログのウェブページよりメールにて

◆問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

会期在中  9日 10日 12日 13日 午後予定