フォトアルバム
Powered by Six Apart

アクセス

  • twitter
  • マップ
    無料アクセス解析
  • ◆アクセス◆

●食いもん+レシピ● Feed

2015年12月 7日 (月)

ミセス新年号ー菓子器など3点 

Sp_20151207_130202

10月の中頃、朝から京都、大阪と骨董市ツワーを知人とまわり大阪駅で別れ難波で預けた荷物を抱え家に着くと電話がかかってきた。わ~困った。内容を聞きいたが可能なことか明日も用事があり返事は2日ほどかかると返事したが、撮影日が決まっていた。どうしたものかと悩んだがまずは明日来られる方に連絡して時間をずらしてもらった。それからが大変だった。次の日材のことで往復6時間かけて材料屋に出向き内容にあった材選びを選び出した。選び出したもののその段階で可能性は半分もいってなかった。材も加工も仕上がりも全く未知数で指定した材の加工を頼みとんぼ返り。

幸い材は朝一で到着して加工材を見てひと安心したが先方の指定サイズが果たして現場で扱った時に綺麗に見えるかという点だった。型紙を作り何度となく手持ちの器を置いてみてはサイズを変え結局単体でも綺麗に見えるようにむこうのサイズより若干サイズを変えた。

二種類の木を選び加工に入った。ここまでくれば夏に表参道の個展で発表した内容で経験済みだったため安心した作業だった。夏の展示を振り返れば少し仕上がりを急いだ感があったが見に来られた方には意図は伝わったようでその時のことが今回の結果につながった。

表したい内容のこともその後内容に足らなかった点も全国気になったところに直接足を運び穴埋め作業の結果来年5月の個展には内容は完成していると思う。

加工はじめた材は思うような表情になってくれたがこれから塗装となると手放しで喜ぶ事もできない。しっくりとした質感になってほしいものだがどうしてもこちらが望んでいる質感と違っておニューになってしまい。特に今回の材硬い材を使っていたためひかってしまい落ち着いた感じがなくなることがはじめからわかっていた。うつわを支える板となると主人公ではなく一も二にも引かないとだめでそれでいて存在感がいる器に。

漆と混ぜるものを調整したり、使う道具を変えてみたりと事前に考えて準備して作業にかかった。やりだすとア~という間に仕上がってしまった。木の硬さの関係で多分これ以上の変化はないと読んだからだった。

材探しから発送まで4日間。こちらとしては注文内容にしてやったりとは全くならず、基本この世界撮影時にこちらのものが使えるか、カメラの画になってるかという点。いくら作っても説明しても使えないものは使えないし、使いたくもないだろう。

雑誌発売日前に駅前の書店で手に入れ付録つきでラップされていたためすぐには見られず家に帰って中を見るとよそ行きの顔で写っていた。2枚送った内のマット調の仕上がりを選ばれたようだった。多分両方写真撮りして雰囲気の伝わる方に決められた。

新作2枚塗装に使った材料も違うため掲載のものがベストとは時間が立ってみないとこれがいいと判断できない。菓子皿も時間変化の少ないものを選ばれたようです。

金継ぎ修理の習った方で早くも雑誌を見て連絡くれ「こんなの作ってみたくなりました、、」といただいたが金継ぎ修理拭漆講座を習った方だったら簡単に真似ができるように思う。講座で使ってるものばかりで特別に材料を揃えてるわけでもない。

金継ぎ講座も来年には教えた方400人超えると思うが無料の復習に来る人は意外に少ない。習った殆どの方が金継ぎ修理の目的を達し自分なりの修理方法ができるようになったため習う必要がなくなった。鎌倉の講座は会場の関係で現在休業中で年間6~8回ほど関東方面の講座を行ってきたが現在は渋谷の講座のみ。来年からはできる方も多くなったため講座回数も縮小予定。

年内は19日渋谷金継ぎ講座予定で 来年は春と秋の2回。

2015年9月24日 (木)

ガラスの金継ぎ修理、、

Sp_20150923_131241

金継ぎ修理には陶器、磁器の修理が一般的だったが最近金継ぎ修理の紹介本にガラス器の修理が紹介せれるようになってきた。元々金継ぎ修理に修理ができないものにガラス質がありつるつるしたガラス、磁器類はまったく金継ぎ修理ができない。クリアファイルのようなつるつるした上には漆は塗れたとしても乾くと剥がれてしまう。その性質を応用したのが堆朱という漆の技術なんです。どうにかガラスにも修理ができないかとあみだしたのがこちら金継ぎ一年で紹介したテクニックだった。

修理をはじめた頃ガラスの修理は使用されると危険なこともあり十二分に話をして年に数点だけ引き受けた事がある。それでも金継ぎ修理の講座では簡単な話はするもののガラスの修理は全く教えなかった。2011年にドイツから習いに来た方がガラスの小鉢を持ってきてそれを直して修理後ドイツからガラスの完成写真がメールで送られてきた。あまりにも綺麗な写真だったためブログに紹介したら今まで金習った方から修理方法を知りたいとメールが入りだした。

ガラスの金継ぎ修理が浸透しだした頃より完成度のいい方法がないかと漆屋の技術担当者と何度となくガラスの漆の強度のことでやり取りをしたが最後は「完全だとは言わないでくれ!」と担当者の答だった。

2012年に文化出版局から写真をふんだんに入れた金継ぎ修理テクニック本「金継ぎ一年生」が発刊され素材、用途、別にわかりやすい解説で紹介された。それがきっかけでつるつるした所の金継ぎ修理される方が多くなった。

現在金継ぎ修理には2つの流れがあって従来の漆を学んできた方が金継ぎ修理を行っている方法とこちらが紹介している使用するものの強度に合わせて金継ぎ修理をする方法がある。

どちらの方法でも金継ぎ修理はいいと思うが修理したものが自分自身が思ったように使えるかが金継ぎ修理のキーポイントになります。

金継ぎ修理は桃山ころから始まり現在に至っているが時代も変わり素材も変わり使用もかわりその中でより安全で安心で使える金継ぎ修理を考えることが現在の金継ぎ修理技術です。

一日に何度となく使う器と月に、一年に数回使う器と金継ぎ修理は変えるのかといえば全く同じです。毎日使っても全く壊れない金継ぎ修理でないと修理した意味がありません。以前京都で修理さんの現場で出くわしたことですが「金継ぎした部分がとれまして、、 何度以上で使ったやろ!」強度も含め使い方に条件をつけられるとなかなか金継ぎしたものは使えるものではありません。以前と同じように使いたいが基本です。

今年夏前に京都の本で紹介している漆屋さんが「金継ぎ一年生を店にも置こうと思うんですが、、漆屋はわかりやすく紹介することが一番で、、」と相談されて、、その時久しぶりに漆全般の話をした。店主曰く「強度から見ても磁器には漆はくっつかないんですが、、漆の方はかたくって 時代も含めいろんなことを取り入れなくって、、」たぶん普段使いの生活の中に漆が入っていかないと漆は見捨てられて無くなってしまうとの危機感なんだろう。

夏に大阪の江戸時代から続く料理屋から金継ぎ修理の相談があり伺うとほとんどの器の修理がガラス類だった。以前までは九州に金継ぎ修理を頼んでいたが使えないことが出てきて探されていたみたいだった。何軒も飲食現場の器を直しているのでまずは4点預かって帰り修理後20日間待って器を洗い場でテストしてもらった。その2日後に電話が入り破損した器の修理全部引き受けることになった。

講座で金継ぎ修理を学ぶと不思議な事に食器類の破損が少なくなる。それでも器の破損が減らない原因は洗い場が別人だということに、。

「金継ぎ一年生」で金継ぎ修理はマスターできると思うが本と講座の違いは修理するスピードでしょうか。もうひとつは修理の手順の読みかもしれません。修理を進めていても次にやることの準備をができているかと、同時進行の気配りはなかなか本では表せません。金継ぎ修理が失敗した時にどうしたらうまく直せるかなどなど、。講座の目的の一つに講座で金継ぎ修理デキる人を目指すのではなく自分の環境でマイペースで金継ぎ修理ができる人を育てることなんです。金継ぎのテクニックよりどんな場合にでも金継ぎ修理ができる知識と考え方を養う講座。テクニックは一回より二回と自然とうまくなっていきますので必死に学ぶ必要はありません。器にあった直しができるかという一点になります。

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」 9月1日3版発刊中

金継ぎ講座にについて

金継ぎ講座を学ぶには講座の参加と育児、家庭環境のことで講座に参加できない方は出張講座があります。金継ぎ修理に興味がある方はウエブページの詳細からお問い合わせください。

2014年9月17日 (水)

金継ぎ修理 雑記Ⅰ twitpicから

E7kxav青磁の角皿以前直した錫の直しびくともしない。今回持ち込まれた器類以前の修理箇所全て大丈夫だった。また別箇所の修理。器の使われてる現場西ノ京、観光地だからどれくらい忙しいかわかると思うが。

E7kwh7昨年破損した店の器修理を引き受け、洗いは全てパートさん。そんな状況で果たして十二分に使えるのかと思っていたがこちらの金継ぎ修理技法飲食現場で完全に使える。錫粉で修理すると少し黒ずむんだが鮮やかな錫の輝きだ。黒ずむ隙がない。

E7kv2sなんでもない陶器の小皿錫蒔きを何度やり直したことか、小さなものほど目がとどき気がかりになることが多い。この場合仕上がりの高さと仕上がりの艶だった。

E7kugu
先日金継ぎ修理が終わり恵比寿の会社に送ったところ土味の小皿の修理が届いた。初め気にも止めなかったが果たして綺麗に直すことがいいのだろうかと、疑問が出てきてあえて表面の修理箇所に漆の縮れを残し味わいとした。正面におくと見えてくる。

Dusr9oフランスの食器40枚なんとか金継ぎ修理の目処が立ち悪天候押して撮影するとますますなんだかわからない写真になってしまった。

Dt62tb1月8日に金継ぎ修理を習いに来て昨日「今こんな状態です、、裏はまだなんですが」と送ってくれた写真でびっくり!。このお皿割れる前より雰囲気が出て短時間でマスターする人もいるんだ。

Dsh5qa依頼で徳利の修理を引き受けたが仕上がってみると、ヨレが出ていたり、ボリュームが欲しかったり、徳利全体を眺めていると控えめ気味だけどこの焼きだったらいいかと、3日目の判断。

D2c9at表参道での木象嵌作品展いよいよ明日までになりました。 昨年出版した金継ぎ修理のマニュアル本「金継ぎ一年生」も会場に表紙になった器とともに紹介しております。少し渋い仕上がりの金継ぎ修理の器に仕上がりました。

D2c44e昨日、随分ご無沙汰の金継ぎ講座受講された方が、直されたもの持ってこられました。長皿の角が欠けそれだったらと無地皿を漆の模様に、、長皿の裏まですごくいい直し方の見本見せてもらった。

D25aks今月奈良まで金継ぎ修理を習いに来る方がちょうど昨日木象嵌の展覧会場に来られた。たしかサンフランシスコからの申し込みだった。聞き返すと「この前帰ってきまして今月末まで国内、」展示内容さておき金継ぎの話が日々多くなって

金継ぎ修理の巧みたち展Ⅳ 2014 奈良 五風舎  twitpicから

E2f6xx金継ぎ修理の巧みたち展4  準備が始まりました。4月30日~ 奈良 五風舎

E2f86a金継ぎ修理いた器総点数200点。販売もしています。明日から~金継ぎ修理の巧みたち展4  4月30日~ 

E2fah7会場には拭き漆、漆塗りなど漆を使った作品もならぶ。プロの仕事も追いつかない仕上がりのうまさ。出品者すべて一回のみの指導。出来る金継ぎ、出来る拭漆、、どこまでのレベルか見ればわかる。金継ぎ修理の巧みたち展4 明日から 奈良 五風舎

E2fd4c4年目になる金継ぎ修理展会場構成がシンプルな展示になった。ギリギリに仕上げましたと言う割にうまい仕上がり。堂々とした直しが並ぶ。金継ぎ修理の巧みたち展4 4月30日~

E2lklv引き立てのコーヒーも初めてみました。金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで

E2llj3今年も金継ぎ展覧会場にいい骨董品も展示。金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで

E2lmj2始まってる金継ぎ展示会場もしずかな風景が感じる時がある。金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで 

2014年9月14日 (日)

金継ぎ修理の巧みたち展Ⅰ 2011 奈良 五風舎 twitpicから

444oo63月1日から奈良・五風舎で「金継ぎ修理の巧みたち」展が始まる。さて金継ぎ修理を終えた捨て去りがたきものたちが全国から集まる。そろそろわくわくしてきた。詳しくはブログ「工芸日々」に

44p7mw「金継ぎ修理の巧みたち」展ー奈良の搬入が始まり魅力的な金継ぎ修理の品が集まった。初日はお水取りをかねてどうも金継ぎ修理のファンがたくさんのぞきにこられるようだ。

456mzn「金継ぎ修理の巧みたち」展ー奈良 がスタートした。初日に出品点数が増えて100点近く並んだ。出品者の金継ぎ修理の個性がひかる内容になった

45tvxz「金継ぎ修理の巧みたち展」ー奈良 が始まり興味が持つ方が多いのか連日大変なにぎわいになってきた。全国の新聞で紹介してくれたことがおおだすかりだった。


2014年8月19日 (火)

◆「金継ぎ一年生」渋谷・鎌倉11月22日23日金継ぎ講座・拭漆講座 募集のお知らせ

Sdscn5805

   new    11月22日(土)「金継ぎ一年生」渋谷金継ぎ拭漆講座 場所 渋谷/文化ファッションインキュベーション10Fスペース6 http://goo.gl/xyIC6 募集中!

   new    11月23日(日)「金継ぎ一年生」鎌倉金継ぎ拭漆講座 12名場所 鎌倉生涯学習午前第1集会室・午後第2集会室 募集中!

詳細はウエブページからメールにてお問い合わせください。初めての方は詳細の説明が30分ほどかかります。

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」

2014年5月 4日 (日)

金継ぎ修理の巧みたち展4 動画UP② ~5月6日 奈良 五風舎

金継修理の巧みたち 4-1 (2014 奈良 五風舎)
YouTube: 金継修理の巧みたち 4-1 (2014 奈良 五風舎)

「金継ぎ修理の巧みたち展4」  奈良

奈良 五風舎 奈良市水門町45 0742-22-5514

◆4月30日ー5月6日 am11ーpm5:30  最終日4:00

出品者

青山由起子 武藤文香 三代小百合 宮浦由美

山根有美子 水野リル子 境山由紀 山中俊彦

内田郁子 富和万紀子

2014年4月28日 (月)

「金継ぎ一年生」の展覧会 (金継ぎ修理の巧みたち展4)4月30日~5月6日 奈良 五風舎

Sdscn5623

4月30日から金継ぎ修理の展覧会が5月6日まで奈良 五風舎で始まります。暖かくなって金継ぎ講座の問い合わせが毎日入ってきます。確かに気温も湿気も上がり気にいった器の修理には漆を使うから最適な時期になってきた。

金継ぎ講座の問い合わせをしてくださる方に、「時間あるようでしたらこれから始まる金継ぎの展覧会をぜひご覧ください!」とすすめている。この展覧会がなぜいいかの話を書いておくと、修理した出品者と直接会えて話を聞くことができる。出品している人がほとんどが金継ぎ修理を習って4年以上の方がほとんどで教えた方からすると全く使えない金継ぎ修理だったら毎回展覧会ここまで付き合い参加しないだろうと思っている。今回も出品しないが手伝いに行きますと岩手、金沢、東京、奈良と展覧会のぞきに方々会場を手つだってくださる方がでてきた。この展覧会もう一つ面白いことに参加者全員で運営している。ですから金継ぎを教えた人も習った人も、展覧会にかかったお金も参加者全員で割り勘になる。そこまでしているからほんとうに使える金継ぎか金継ぎでないかの話ができる。

展示品の中には修理を終えた金継ぎ品から使い続けた器もならぶ。金継ぎした箇所にもよるが状態が良ければ手にとってもらえると思う。今年も昨年に続き 金継ぎ修理を終えたお好みのお茶碗でお茶とお菓子の準備をした。昨年と同じく地小豆の粒あんを毎日炊きあげて準備いたします。農家の地小豆を4升買い占めたためこれが今年の最後の小豆の味。

「金継ぎ修理の巧みたち展4」  奈良

奈良 五風舎 奈良市水門町45 0742-22-5514

◆4月30日ー5月6日 am11ーpm5:30  最終日4:00

出品者

青山由起子 武藤文香 三代小百合 宮浦由美

山根有美子 水野リル子 境山由紀 山中俊彦

内田郁子 富和万紀子

◆問い合わせ 0742-22-1926 やまなか

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」

2013年5月14日 (火)

帰ってきた メシ1-グランプリ レシピ 2013

S1a_edited2 

S4a

S2a

S3a_edited1

3年半ぶりにON AIRされた「帰ってきたメシ1-グランプリ」のレシピ公開

続きを読む »

2009年12月22日 (火)

うわさの銀貨系一旨い立ち食いそば屋再開で、

1 2ヶ月ほど前に西成の商店街でメシを食って以前食べたことのある立ち食いうどん屋の前を、、、「ェ~!!工事してる!!。」

続きを読む »