フォトアルバム
Powered by Six Apart

アクセス

  • twitter
  • マップ
    無料アクセス解析
  • ◆アクセス◆

日々 Feed

2016年9月 7日 (水)

12月3日渋谷金継ぎ講座 募集中

Sfoodpic525528画像の整理をしていたら懐かしい画像が見つかった。2010年の金継ぎ講座に来られた時に撮ったのと2012年金継ぎ一年生を出版するときに借りたカップだった。

最近出版された金継ぎの本を見る機会があってこちらが出版して4年相当内容が変わっていrつだろうと興味津々で最初から最後までゆっくりチエックしてみた。

全体の印象は100人興味があってこの本を手にしたらやる気に何人なるだろうと思った。ページが進むに連れ専門分野の用語と技法展開の繰り返しに突入で気軽に壊れたうつわ直せないないかなあ、、と思っていたことが壁にぶち当たって、うつわ直したかったら専門分野を理解しなさいと言われてるようでハードルが高く感じる。感じたままのメモ書きを載せておきます。

P19 漆には水分が含まれているためその水分が抜ける時間が書かれてない。体質的に漆に弱い場合かぶれる場合が出てきます。 

P23技術の説明から書かれてるため気軽に金継ぎ修理を始めたいと思う人には専門用語が出てくるためハードルが高く感じる。

P24このくらいページが進むと金継ぎ修理を始めるのに何を買ったらいいのか不安になってきます。

P24茶渋を漂白剤で洗うと書かれてるがもっと安全で良い方法がある。漆を扱う人としていただけない話だ。

P25漆を薄めるため灯油と書かれてるが都内でどれくらい使ってるところがあるだろうと、、

P29漆のかぶれない適切な指導が全く書かれてない。皮膚科に駆け込めも、「かぶれてしまった時は浄化していると思い痒さと向き合ってみるのもよいかもしれません」と書かれていてバカにしている話。

P30ここくらいにくると指導者がいないと前に進めない本だと気づく。全工程30日間ほど簡単に手が出せない高いハードル。

P60このページにくるころには技法が複雑内容で頭に入ってこない。

P93素手で錆漆を成形していると漆に完全に被れます。

P99樂焼きの割れの部分の漆のにじみにはもっといい方法がある。勉強不足です。

P124漆の注意書きが書かれていて+「金継ぎした焼き物の取り扱いは基本漆器と同じ扱いで、」と書かれている。金継ぎ修理したマグカップは漆器なんだろうか。壊れる前と同じ扱いで使えないと意味が無い。

P125漆で金継ぎ修理したモノの強度は全く書かれてない。

気軽に金継ぎ修理ができないかがキーワードでなければ金継ぎ修理は広まらないでしょう。漆でなければダメだと思われがちですが今年初め文化庁か文化財の劣化のところで「自然素材は一般に合成樹脂と比べて接着力が弱い上、膠などは薄い茶色の色がつくといった短所もある。」自然素材の開発が急がれると発表した。金継ぎ修理を考える上で元の強度のための接合と、食に安全なための保護膜、二弾構造で考える方法が今の時代一番あっています。残るはかぶれることなく安全に漆は使えるやり方の工夫です。漆の安全な取り扱いが書かれてない本は指導書ではないので信用しないほうがいい。

渋谷金継ぎ・拭漆講座 募集中 残席13名

12月3日(土)朝9時から(金継ぎ講座復習2名 高木・立石)

  

 場所 渋谷/文化ファッションインキュベーション10Fスペース6 募集中!詳細はウエブページからメールにてお問い合わせください。9月30日現在

◆拭漆補講座もOKになりました。お申し込みください。

初めての方は直せるもの、持ってくるもの、材料、講座料金等の説明が電話かスカイプで30分ほどかかります。説明後参加申し込みください。講座当日に参加費お支払いください。

「金継ぎ一年生」3刷りになりました。アマゾンでは金継ぎ修理の解説書では一番良く読まれている本です。図書館にもあるようですがお近くの本屋でない方は必要な場合講座当日販売い致しますのでメールにてお申込みください。

講座内容は基本変わっていませんがメモしたくなるテクニックがたくさん増えてきました。

Sbooks 

※「文化出版局刊「金継ぎ一年生」 現在3刷り発刊中

2014年5月 3日 (土)

金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで 奈良 五風舎 フォト⑦

Sdscn5702

Sdscn5704

Sdscn5705


2013年4月16日 (火)

金継ぎ修理のたくみたち展3 ー奈良

S2013416_003

5月1日~6日奈良 五風舎で始まる3回めの金継ぎ展の案内状が出来上がりました。

必要な方はメールにてお問い合わせください。お送りいたします。詳細はウエーブページにて

2013年4月 8日 (月)

「盆藤展」2013

S20151

「盆藤展」 2013

会期4月18日~5月3日

会場 国際奈良学セミナーハウス 旧世尊院にて

入場料あり

(写真は2009年)

2013年3月 3日 (日)

二月堂お水取りに合わせて、、

Stodaiji

東大寺二月堂お水取りにあわせて大仏殿近くで工芸を中心とした展覧会が2日間おこないます。ぜひご覧ください。http://www.nara-oyako.org/   拡大

2011年10月20日 (木)

「ならの会」展 (陶器・染織・吹きガラス・木象嵌・写真)

Sfoodpic1688849_2

「ならの会」展 (陶器・染織・吹きガラス・木象嵌・写真)

出品作家

坂手春美(陶芸家)・田中茂(陶芸家)・稗田真理子(陶芸家)・岡本マチ子(染織作家)・高橋直樹(吹きガラス作家)・山中俊彦(木象嵌作家)・若松保弘(写真家)記念館のみの出品

会場◆国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院)

奈良市登大路町63(近鉄奈良駅から徒歩東へ7分)

会期◆11月9日(水)~11月14日(月)

午前10時~午後5時過ぎ 最終日4時

作家在予定日

8日(火) 午後1時~搬入 全員予定で
9日(水)午前10時~午後1時30分
山中  岡本 稗田
       午後1時30分~5時すぎ  高橋 坂手 (3時~田中) 稗田
10日(木)午前10時~午後1時30分 
山中  田中 坂手
       午後1時30分~5時すぎ  高橋 田中 坂手
11日(金)午前10時~午後1時30分   高橋 岡本 稗田
       午後1時30分~5時すぎ 
山中 坂手 (3時~田中) 稗田
12日(土)午前10時~午後1時30分  
山中 岡本 
       午後1時30分~5時すぎ 
山中  坂手 (3時~田中)
13日(日)午前10時~午後1時30分 
山中 高橋
       午後1時30分~5時すぎ 
山中 坂手 (3時~田中)
14日(月)午前10時~午後1時 高橋 岡本 田中 坂手 稗田
       午後1時~午後4時 
山中 高橋 岡本 田中 坂手 稗田
       午後4時~ 搬出 全員予定
11/7午後5時更新)

◆富本憲吉記念館の出品は販売が中心で10点くらいのアクセサリーになります。なお記念館は入場料が必要になる場合があります
◆奈良会場の出品について
●25年前に制作して23年前に奈良の方の個人蔵(家庭画報掲載)になった鉄刀木銀象嵌櫛が10年ぶりにお借りできならべることになりました。(奈良会場のみ)
●7年ぶりに個人蔵の木象嵌扇子(季刊銀花掲載)をお借りすることが出来ました。これもならべます。(奈良会場のみ)
●木象嵌の装身具ブレスレット10点近く個人蔵(和楽掲載)のものをおかりできないかと検討しておりましたが今回お借りできませんでした。次回に(奈良会場のみ)

会場◆富本憲吉記念館

奈良県生駒郡安堵町東安堵1442(JR法隆寺駅よりバス「東安堵」下車)

会期◆11月19日(土)~12月10日(土)月・火休み

    17日午後作品搬入

    午前10時~午後5時 最終日3時 

Ssfoodpic654921 2010年度

続きを読む »

2011年6月27日 (月)

おすすめ 京の夏行事 23年度

◆祇園祭宵山 資料 山鉾の位置  ②屏風(ブログ下) コンチキチン
期間  平成23年7月14日(木)~16日(土)

◆祇園祭山鉾巡行
期間  平成23年7月17日(日)
巡行コース:四条烏丸~四条通~河原町通~御池通~新町通

◆金剛家 能面・能装束展観
7月30日(土)
7月31日(日)10:00~17:00
両日とも11:00、15:00に解説。
展示品は両日で入れ替えいたします。  1000円
(15名様以上団体割引:900円)  金剛能楽堂  烏丸今出川下ル

◆下鴨神社御手洗祭(みたらしまつり) 
期間  平成23年7月21日(木)~24日(日)
古代の禊ぎの風習に由来。境内の御手洗池の湧き水に足を膝まで浸しながら献灯し、無病息災を祈ります。 5時30分~22時30分
御灯明料 200円

◆真如堂 宝物虫払会
期間  平成23年7月25日(雨天中止)
宝蔵に納められている寺宝を本堂で虫干する行事で、法要と宝物の一般公開が行われます。「真如堂縁起絵巻(写本)」をはじめ寺宝200点は見もの。暑気払いの「びわ湯」の接待もあります(無料)。9時~15時頃
拝観料 500円

◆愛宕神社 千日詣り(千日通夜祭)
期間  平成23年7月31日(土)
夕刻 ~ 祭典は21時、翌深夜2時。この日に参拝すると千日分の功徳があるとされ、標高924Mの山上の神社を目指す人の列が夜通し続きます。

◆片山家 第十四回能装束・能面展 ~継承の美~
平成23年8月5日(金)、6日(土)、7(日)
午前10時から午後6時まで (7日のみ午後5時まで)
京都文化博物館6F無料

◆8月16日京都 五山送り火 20時~20時20分

大文字 東山如意ヶ嶽 15日 12:00~20:00 /16日 6:00~14:30
銀閣寺門前 護摩木 300円なくなれば終了

舟形 西加茂舟山2日~15日8:00~16:00、16日8:00~10:00
西方寺門前 護摩木 300円なくなれば終了

左大文字 大北山15日 9:00~15:00 /16日 7:00~14:00
金閣寺門前 護摩木 300円なくなれば終了

鳥居形 嵯峨鳥居本曼茶羅山13日~15日 9:30~16:00 /16日 9:00~15:00
化野念仏寺駐車場 護摩木 300円なくなれば終了

続きを読む »

2010年6月29日 (火)

おすすめ京都の夏 H22

5b_2

◆祇園祭宵山 資料 山鉾の位置  屏風 コンチキチン
期間  平成22年7月14日(水)~16日(金)

◆祇園祭山鉾巡行
期間  平成22年7月17日(土)
巡行コース:四条烏丸~四条通~河原町通~御池通~新町通

◆金剛家 能面・能装束展観 「祇園祭と能」
7月17日(土)
7月18日(日)10:00~17:00
両日とも11:00、15:00に解説。
展示品は両日で入れ替えいたします。  1000円
(15名様以上団体割引:900円)  金剛能楽堂  烏丸今出川下ル

◆下鴨神社御手洗祭(みたらしまつり)      
期間  平成22年7月23日(金)~26日(月)
古代の禊ぎの風習に由来。境内の御手洗池の湧き水に足を膝まで浸しながら献灯し、無病息災を祈ります。 5時30分~22時30分
御灯明料 200円

◆真如堂 宝物虫払会
期間  平成22年7月25日(日)(雨天中止)
宝蔵に納められている寺宝を本堂で虫干する行事で、法要と宝物の一般公開が行われます。「真如堂縁起絵巻(写本)」をはじめ寺宝200点は見もの。暑気払いの「びわ湯」の接待もあります(無料)。9時~15時頃
拝観料 500円

◆愛宕神社 千日詣り(千日通夜祭)
期間  平成22年7月31日(土)
夕刻 ~ 祭典は21時、翌深夜2時。この日に参拝すると千日分の功徳があるとされ、標高924Mの山上の神社を目指す人の列が夜通し続きます。

◆片山家 第十四回能装束・能面展 ~継承の美~
平成22年7月30日(金)、31日(土)、8月1日(日)
午前10時から午後6時まで (1日のみ午後5時まで)
(トークセッション) 8月1日(土) 午後2時から
京都文化博物館6F無料
味方健氏、片山幽雪らによる、「片山家について」トークセッション

◆8月16日京都 五山送り火 20時~20時20分

大文字 東山如意ヶ嶽 15日 12:00~20:00 /16日 6:00~15:00
銀閣寺門前 護摩木 300円なくなれば終了

舟形 西加茂舟山2日~15日8:00~16:00、16日8:00~10:00
西方寺門前 護摩木 300円なくなれば終了

左大文字 大北山15日 9:00~15:00 /16日 7:00~昼頃
金閣寺門前 護摩木 300円なくなれば終了

鳥居形 嵯峨鳥居本曼茶羅山13日~15日 9:30~16:00 /16日 9:00~15:00
化野念仏寺駐車場 護摩木 300円なくなれば終了

2009年11月20日 (金)

あつらえたようなへたうま文字

S21785_2  久しぶりに、下手な字と出合った。友達からいらない箱があるから取りに来てくれと連絡があってもらって帰った中にあった。

続きを読む »

2009年10月17日 (土)

ガイドブックにない本物の奈良町が味わえるーおすすめ奈良散歩(2)

1

昔から奈良では良い住まいの集まる地域があってその一つに多門町がある。奈良の観光地を入れてるわけではないのですが、おすすめコースです。近鉄奈良駅前を北にとり、大仏殿の裏から二月堂、水門と巡るコースです。コースに沿ってスポットを紹介しておきます。駅前から商店街に入り、突き当たりをのところの東西が旧二条通り、その角に鰹節や、その角をまがると奈良女子大そのまま道なりに川沿いまでちょうどそこが一条通りです。橋を渡りその前が多門地区、前の御陵が明治に造営されるまでは奈良時代か続く、眉間寺と多聞城跡、塔まであったお寺が無くなりました。住宅の中を抜けて一条通に戻り、大仏殿裏道に、そこから明かりのついた二月堂まで、夜は堂内で睡眠をとられていますので、静かにお参りください。早朝の奈良をお勧めする人が多いのですが、一番は夕方から9時頃までの二月堂の夜景をおすすめします。夜道は十分明かりはありますが、お一人での行動はさけたほうがいいです。二月堂から大仏殿の横までの道に東大寺の釣り鐘があります。夜のため屋根の反り、柱の太さなど実感できる瞬間です。わきから大仏殿の正面にまわると提灯に火が入り静けさと伽藍の大きさが目に入ってきます。本坊正面の脇道から水門に入り、戒壇院前を曲がり表の混雑を避けもときた、奈良女子大の横にもどる静かに散策できコースです。コースには地元の人しか知らないポイントはかなりあるのですが、なんどか通われるうちに少しコースを外れることで自然とお気に入りポイントが出てくると思います。ご紹介したコースは1回ごとの観光コースではありません。 

スポットの詳細をご希望の方はウェブページからご連絡ください。送らせていただいます。

続きを読む »