フォトアルバム
Powered by Six Apart

アクセス

  • twitter
  • マップ
    無料アクセス解析
  • ◆アクセス◆

十話十夜 Feed

2014年5月 3日 (土)

金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで 奈良 五風舎 フォト⑩

Dscn5716

Dscn5718

Sdscn5719

金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで 奈良 五風舎 フォト⑧

Sdscn5706

Sdscn5708

Sdscn5711


金継ぎ修理の巧みたち展4 ~5月6日まで 奈良 五風舎 フォト⑦

Sdscn5702

Sdscn5704

Sdscn5705


2011年2月27日 (日)

酒蔵の主人の笑顔

Sfoodpic967102_copy

先日、知り合いの蔵に久しぶりに出かけた。ちょうど蔵の中は最盛期で古い蔵の中は新酒の匂いが充満してなんともうれしくなってしまう。

この秋にも会ってひさしぶりに蔵の中を見せてもらったが昔であったときより話がだんだんとながくなってきている。

これはどういう事だろうと店間の奥さんとそのことを話すと「ながなってますやろ、、、自分で話して自分の話によってはるねんですわ、、、、、」これには「あ~そか、、」としかいえなかった。

最近 本人から「なんかちょうと東京向けの写真取りたいのだけど、、、」と話のついでに言われた。昨年末に友人の写真300枚ほど見て使える10枚近くを選び加工しておくってやるとまんまと年賀状につかわれてしまった。そのこともあって選んだ10枚を再び蔵の友人に送っておいたら先日出かける前に電話がかかってきた。

「やっとつかまった!。どこいってるの!!。写真撮ってくれるか、8時半から作業してるから来てくれたらええから、、、」これには参ってしまった。ただ撮りか、酒との交換かそれに近いので終わりそうな予感がする。しかたなしに昼近くにでかけて80枚ほど撮ったが使えるのは3,4枚だった。あげた写真が使える写真かどうかは見ている方の判断で、被写体が絵になるのか絵になりすぎているのか知ってる人間にするとむつかしところです。

2010年12月17日 (金)

春日若宮おん祭り「遷幸の儀」で神を見た

Sfoodpic776153

春日の参道でおん祭り「遷幸の儀」を深夜見に行ってきた。今年、久しぶりにあった写真家の若松が「あの行事、奈良の人間だったら見ないと おれ見て ふるえがきた!」といった。おん祭りは子供の頃猿沢池の周りに出店がでてよく小遣いもらってよく遊びに出かけた。出店も数日でなくなりその後は五十二段までのすべり坂の両脇には植木やが並ぶ。

続きを読む »

2010年11月22日 (月)

金継ぎ修行の後は酔書修行に

S20101113_0001

東京から「正倉院展見に行きます! 今回 書道おしえてください!」これには参ってしまった。好きで書くには書くが、夏の元興寺の書も苦しみのわりにたのしみで、ときおり横須賀のご隠居さんから「いい文字選びましたね!」とチエックが入る。いつも淡々と毛筆で手紙をくれるがあれはこちらはできない。できないからうらやましい。

続きを読む »

2009年11月 9日 (月)

掘り出し物の料理人 松浦功二

S21926 先日来から珍しく友人が日替わりで訪れてくれる。この夏頃からキャンセルがあったりで仕事の状態がよくなく、応援よろしく、横須賀、伊賀上野、大阪、山科と日替わりで知人がふらっと訪れてくれた。

続きを読む »

2009年11月 2日 (月)

魔法だった箸尾の戸立て祭り

5a

続きを読む »

2009年6月17日 (水)

一番熱い漆芸家の死

先週、案内いただいた漆芸家の最後の展覧会を拝見にいった。その日に出かける予定は以前からしていたのだけれど、朝一でうかがうつもりでいながらどうしても行く気がしない。数時間過ぎて大阪の日航ホテルの裏の彫金やに用事が出来、そこから回っていくことにしたが、、、いざ、戸締まりしてでかけたが、、、

続きを読む »

2009年5月10日 (日)

京焼の本物と出会った時に、、

S20264 昨年修理で持ち込まれた中に色彩豊かな茶器があった。人物画が書き込まれていて、手元のところに作者の名前が上絵で書いてあった。

続きを読む »